* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2006.11.05 日記
熱は下がったもよう。でもまだ喉が痛いです。
このまま快方に向かってくれれば良いのですけど…

音楽家ポール・モーリア氏の訃報が伝えられましたが、その報道の中で初めて、小学生くらいの頃からずっと好きだった曲が「恋はみずいろ」というタイトルであることを知りました。
長年の疑問が解決して、すごくすっきりした…!
そして早速ダウンロードしてきましたよ。わざわざCDを買わなくても、一曲ずつ個別に購入することもできるのだから、インターネットって本当に便利!
他にも色々な人がアレンジ・演奏しているものが見つかりましたが、やっぱりモーリア氏のが一番いいような気がします。

で、今日は母に強制連行されて山崎まさよしのコンサートに行ってきました。
レポートは追記にて。

風邪っぴきなので、本当はあまり外出したくなかったのですが、山崎まさよしは好きなアーティストだし、結局はついて行きましたよ。
生の歌声はやはりとても素晴らしくて、結果的には行って良かったと思います。ぽっぽ焼きとか安田ヨーグルトとかイタリアンとか、ご当地ネタが色々盛り込まれていたのも嬉しかったですし(笑)
ただ、前の席の人たちが立つとステージが全然見えないんですよね…。
何度も言うとおり私は風邪っぴきだし、あまり体力を消耗したくなかったのでずっと座っていたのですが、コンサート全体を通して約半分くらいはステージがまったく見えない状態だったので、かなり苛々しました(--;
私は別に前の席の人たちの後ろ姿を見るためにコンサートに行ったわけではないので、それならいっそのこと視界をシャットアウトして声だけ聴いてたほうがマシかなと思い、目を閉じて鑑賞してました。むしろ、そのほうが純粋に音楽を楽しむことができて、かえって良かったかもしれません。
私は家でCDを聴くとき、目を閉じて頭の中でイメージを膨らませながら聴くことが多いので、そういうのは慣れてますしね。
しかし、観客みんなで歌いながらアンコールを待っている際、その輪に混じることができなかったのは残念でした。なにせ喉が痛いものだから、とてもじゃないけど歌なんて歌えないしorz
そんなわけで、十二分に雰囲気を楽しむことができずに終わってしまいました。やはり体調崩してテンション低いときにコンサートなんて行くもんじゃないな…;

その後、夕食を食べたらすぐに帰るつもりでいたのですが、母に「あんたもお酒飲んでもいいよ」などと勧められ、ついうっかりアルコールに手を出してしまったが最後。
体調が万全ではなかったせいもあって、途中でものすごく気持ち悪くなってしまったのですが、それを乗り越えたらすっかり平気になってしまって、2杯3杯と飲んでいるうちにあっという間に時間が…
しかも、いつも頼んでいるお抱え代行を頼もうとしたら、ちょうど運悪く予約が入っているため、すぐには来られないと言われてしまいました。
他のところを探すという手もあったのですが、せっかくだしもう少し飲んで時間を潰そうかということになり、2軒目へ。結局、合計で5杯くらい飲みましたね…。もう途中から風邪なんてどうでも良くなってしまってました(苦笑)

ところで、2軒目をどこにしようかと歩き回っている最中、ホストクラブを見つけたのですよ。
母と「どんな人がいるのか気になるよね」「入ってみる?」などと冗談で話していたのですが、結局は入りませんでした(笑)
こんなこと言っちゃ失礼かもしれないけど、あんな場所にあるお店に、それほど格好良い人がいるとは思えないし(ほんとに失礼)、さすがに冒険するにはちょっと危険すぎるだろうということで…。安いならともかく、どのくらいぼったくられるのかも分からないですしね。
でもやっぱり少しだけ興味はそそられます(笑)
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。