* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2006.10.09 日記
今日は天気が良かったので、珍しく散歩などしてみました。
家の裏の田んぼ道を通って、川沿いを歩いて神社まで行って、また戻ってくるというコース。ちょっとした運動にでもなればいいなと思ったんですが、往復20分程度しかかかりませんでした。これじゃ運動とは言えないか…(^^;
川辺のすすきや花が綺麗だったので写真撮りたかったんですけど、ちょうど運悪く近所のおばちゃんが子供を連れてうろうろしていて、不審に思われると悪いので素通りしてきました…。普段見かけない人間が家の前でパシャパシャ撮影していたら、誰だって怪しむだろうからなぁ(苦笑)
でも、日を受けてきらきらと光るすすきはほんとに綺麗だったのですよ。

さて、今日は久々にバトンを受け取ってとても楽しく答えさせて頂いたのですが、バトンについて日頃から考えている…というか思い悩んでいることについて、追記にてちょっと触れてみようと思います。

■拍手ありがとうございますv


私はバトンを受け取るのが大好きです。
回してくれた人が「次のバトンを回す人」という項目で私のことを思い出して下さったんだな、というのが何よりも嬉しくて。何しろ淋しがりなものですから(^^;
しかし、世の中にはやはりバトンが嫌いとか苦手とかいう人もいると思うのです。あるいは、嫌いとまでは言わないけど億劫だなぁって人とか。
中には「バトン歓迎」とか「バトン反対」といった同盟もあるようですが、すべての人が意思表示バナーを貼ってるわけじゃないですからね…。そこは普段のその人の日記の雰囲気などから判断するしかないです。

そして、バトンタッチってどの程度の知り合いまでなら投げてOKなのかというのが掴みかねます…。小心者ゆえ、「大して親しくもないのになんで名前挙げてんだゴルァ」とか思われたらどうしようと不安になってしまったり。

だからもし私がバトンを回すことによって迷惑をかけてしまったら嫌だなと考えると、自分のところで止めたほうが良いのかしらとか、色々悩んで悶々としてしまいます。
そこで苦肉の策として「スルーOKですよ」という一文を添えてはいるのですが、それもまた、受け取った側に「本当にスルーしたら失礼なんじゃないか」とか気を遣わせたら悪いなぁ…とか、もう気にし始めるときりがないんですよね(苦笑)
何でも深く深く考えすぎるのは私の悪い癖です。

えーと、結局なにが言いたいのかよく分からなくなってきましたが、とにかくバトンって楽しいけど難しいなぁということで。
web上の交流って、顔が見えないだけに、相手の反応がとても怖いのです。
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。