* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2006.09.26 日記
何度も引き出しからパズル貯金の封筒を取り出して、中にお金が入っているのを確認しては、ほくほくしているDr.Qです。子供かおのれは。
そう言えばクレジットカードで買うって手があったんだよなぁと今さら思いつきましたが、敢えて地道にこつこつ貯める道を選ぼうと思います。そうやって何ヶ月も我慢してやっと手に入れるからこそ、嬉しさひとしおだと思うので。

お金持ちになりたいとは思うし、お金のせいで悔しい思いをするのなんて毎日のことだけど、でも欲しいものを欲しいと思った時に好きなだけホイホイ買えてしまうような環境に生まれなくて良かったとも思うのです。
我慢して我慢して、ようやく貯まったなけなしのお金を握り締めて、はやる気持ちでお店に急ぎ、売り場でずっと欲しかったものを万感の思いで手に取って、ついにレジにたどり着いた瞬間のあの感激。お金を払い終えて、正真正銘それが自分のものになった瞬間のあの感動。
それを一度でも味わうことができたなら、貧乏ってのも悪くはないと、ほんのちょっとだけ思えるのです。
いや、そりゃあやっぱり、お金はないよりはあったほうが絶対良いけどね…!

…こんなことを考えていると、自分と悟史がだぶるわけで。
祭囃し編ネタバレ含むので続きは追記で。


自分が買うまでちゃんとあるだろうか、もしや売れてしまってはいないだろうかと、毎日毎日飽きもせずショーウィンドウを覗きに行っていた悟史の気持ちが痛いほど分かるのですよ。
そして、体がボロボロになるまで必死にバイトして稼いだお金を手に、ようやくおもちゃ屋さんまで行って。ついに念願のぬいぐるみを手に入れて。それなのに、沙都子に届けることができなくて…
悔しかったろうなぁ…
もうちょっと、あとちょっとだったのに…

だけど、生きていてくれて本当に良かった。
痛々しいくらいの悟史の頑張りが、無駄にならなくて良かった。
いつかあのぬいぐるみを持って、絶対に絶対に沙都子の元へと帰ってあげて欲しいです。いつの日か綿流し祭八凶爆闘が実現することを願っていますよ(^^)
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。