* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2006.01.20 日記
最近、興味はあるんだけど怖くてプレイできなさそうなゲームが多くて困ります。
『RULE of ROSE』というゲームがとても気になるんですが、怖そうなんだよなぁ…。でもプロモーションムービーと音楽がすごくツボで、見た瞬間に一目惚れしてしまったのです!
…でもやっぱり怖そう…(臆病者)

「子供ゆえの無邪気な残酷さ」って、ものすごく恐ろしいと思うんですよ。よく「子供は天使」なんて言いますけど、ある意味でそれは間違っていて、ある意味では当たっている。
天使が純真無垢で優しく美しく可愛らしいだけのものだと思って言っているのだとしたら、ちゃんちゃらおかしいですね。
確かに、純粋ではあるかもしれません。でも純粋だからこそ傲慢で、潔癖で、盲目で、残酷だと思うのです。それが私の天使に対するイメージ。そして、子供ってのもそういう存在なのではないかと。

何の話?と思われそうですが、それが『RULE of ROSE』の公式サイトを見て私が感じたことです。
悲しいほどに純粋な子供たちが繰り広げる狂気と悲劇…
うーん、やっぱり気になる。機会があれば手に取ってみたいなぁとは思うのですが、まずはその前にWA4を手に入れたい…!
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。