* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2005.10.19 WT
私なりに色々考えました。
長くなるので、本文は追記にて。

やっぱり、お世話になった方々に一言の挨拶もなく終了というのは申し訳なさ過ぎるので、撤退するにせよしないにせよ、もう一度顔を出したほうがいいよな…という結論に達しました。

問題はその後。
アトランティスに行くつもりはありません。
ジャパンにも、行きません。
となると欧州に残るか撤退するかという2択になってしまうわけですが、ギルドが閉鎖されてしまえば、冒険者は廃業。
もし欧州に残る場合は、生業で生活しつつ、時々またふらりと冒険者酒場に顔を出しては、かつての冒険者仲間たちとのんびり語らう…という形になるのでしょう。

私はかつて、冒険者なんだから冒険してなんぼだろ!という考えを持っていました。
だからこそ、とある事件がきっかけで依頼を請けることに対して躊躇いを覚えるようになって依頼、AFOに顔を出すことができなくなってしまいました。別に、駄弁るだけならAFOじゃなくてもできるし…という思いもありました。
でも、それから色々考えて、最近では考え方も変わってきました。
確かに、外部掲示板やチャットでも話はできるけど、AFOの中でしか逢えない人たちもいる。依頼を請けずに酒場で喋るだけというのも、楽しみ方としてはありなんだよな…と。
まあ、やっぱり、できることなら依頼は請けたいですけどね。

そこでふと考えたのが、個人でWTもどきができないかなぁ…ということ。
冒険者は廃業しても、ギルドを介さず個人的に「何でも屋」みたいなことをするのは可能なはず。酒場で仲間たちとの会話を楽しみつつ、傍らでこじんまりとWTもどきができたらいいなと思ったのですが…
ただ、私のような弱小物書きが記録係では、参加する人も楽しめないでしょう。そして何よりも、私が記録係をやったらうちの子たちが依頼に参加できないではないか!(これかなり重要)
…やっぱりこの案じゃ駄目か…。

某所を見て、サークル立ち上げてみるってのもひとつの手かなぁと思ったりもしました。
時間のある人はTRPGのオンラインセッションで遊んで、時間制限のある人はWT形式のシナリオに参加して…みたいな感じでやったら一石二鳥で美味しいんじゃないかしら。とか。
でも、ここでもひとつ問題が。
私には複数サイトを同時に管理するほどの能力はない、ということが既に実証されています…orz

まあ、もうしばらく色々考えてみます。
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。