* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2005.09.03 日記
朝からイライラが治まらず、つい横柄な態度を取ってしまっては、後になってから激しく後悔したり…。まあ、私は大体いつもそんな感じなのですが、今日は特にそれが顕著です。
いい加減我慢の限界に達している事柄があって、それが片付きさえすれば、少しは気持ちも落ち着くと思うんですけど…。
心の平穏が欲しい…(遠い目)

そんな気分を少しでも鎮めるため、今日は『レヴァリアース』を再読してみました。そして夜麻さん繋がりで、そう言えば『刻の大地』の新刊がずっと出ていないことを思い出し、ネットで検索してみて…初めて、連載終了していたことを知りました。
私は本誌は読んでいないので、夜麻さんが体調を崩されていたことも、休載していたことも、その末に連載終了が決定したことも、何ひとつ知らなかったんです…。
ものすごくショックでした…

きっと、つらい決断だったんだろうと思います…。私も物書きの端くれですから、今まで紡いできた物語を中断しなければいけない悔しさというのは多少なりとも分かります。それでもなお、そうすることを決断したのですから、その裏には様々な葛藤や事情があったのでしょう。
でも一読者として、どんなに待ってもいいから、いつかは物語を再開させて欲しいと願う気持ちもあって…複雑です…。

小学生の頃にドラクエ4コマで見かけて以来、ずっと好きでした。
藤田和日郎さん、夢来鳥ねむさんと並んで、「人と人ならざる者との共存」というテーマを私の根幹に植え込んだ、思い出深い漫画家さんでした。
まだまだ多くの謎を抱えたまま物語が終わってしまうなんて、本当にとても淋しいです…
スポンサーサイト
Comment(0)
<<タイトルなし | Home | タイトルなし>>
Comment
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://afowl.blog6.fc2.com/tb.php/125-28f244bd
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。