* --.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment(-)
* 2006.11.02 日記
長らく悩んでいたことに関して、今日、ある決断を下しました。
実際に行動にも移しました。
私1人の問題ではないので、私だけが足掻いてもどうにもならないことです。相手の出方を待つしかありません。
誠意ある対応が返ってきたならば、状況はおのずと好転するでしょう。
しかしもしそうでなかった場合、近いうちに、当サイトはがらりと様変わりすることになるかもしれません。と、今のうちに宣言しておきます。

そんな重大な決断をしたせいもあるだろうし、タイミング悪く月一のアレが巡ってきてしまったせいもあり、今日はいつにも増して情緒不安定な1日でした。
仕事中にいきなり泣き出しそうになったりして大変。
おまけにアレのせいでお腹は痛いし、心なしか胃も痛いし、散々です。
そんな帰り道、買い物のためにスーパーに立ち寄ったら玉こんにゃくの屋台が出ていて、美味しそうな匂いにつられて買ってしまいました。普段ならこんにゃくなんてわざわざ買ってまで食べようとは思わないのに、こんな日だからこそ、何となくそんな気分になったのです。
熱々のこんにゃくをはふはふしながら食べたら、すごくつゆが滲みていて美味しくて、「こんにゃくってこんなに美味しいものだったっけ」なんて思ってみたり。
そんな些細なことで、何となく少し幸せ気分。
人間ってこんなささやかなことで幸せを感じることができるくせに、気持ちが落ち込んでいると「幸せなんてどこにもない」なんて悲観してばかりいて、すぐ傍に転がってるたくさんの幸せに気付こうともせず通り過ぎてしまうのです。
買ったばかりのこんにゃくはとてもあったかくて、「熱いから気をつけてね」と手渡してくれた屋台のおじさんの言葉がやけに心に沁みて、少し涙ぐみながら帰りました。

続きを読む
スポンサーサイト
Comment(0)
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。